【アロマ】ペパーミントの効果効能と使い方【エッセンシャルオイル】

ペパーミント

シソ科ハッカ属の多年草。和名はコショウハッカ、セイヨウハッカ。
スペアミントとウォーターミントの交雑種であるといわれる。
ハーブの一種であり、独特のメントール臭がする。

主な原産国はアメリカ、ヨーロッパ、中国

スポンサーリンク
adsense336*280

ペパーミントの効果・効能・使い方

お馴染みの清涼感あふれるクールな香り

お菓子や歯磨き粉などのフレーバーにも使用されているお馴染みのペパーミント。
peppermint
そのメンソールのクールで強烈な香りは意識をハッキリさせ、気力を高めるのに役立ちます。

消化器系や呼吸器系にも働きかけるほか、抗菌、防臭作用もあるのでキッチンやバスルーム、トイレなどハウスキーピングにも利用できるので幅広い用途を持っています。
【抽出部位・方法】葉、茎、鼻のつぼみを水蒸気流
【ノート】ミドル
【香りの特徴】鋭くて強いハッカの香り
【においの強さ】●●●●● 5

体への働き・作用

抗バクテリア
抗発がん性
消炎
防腐
抗痙攣
抗ウィルス
活性化
消化促進
消化不良
口臭
胸やけ

こんな悩みにもペパーミントのエッセンシャルオイル

熱、のぼせ、乗り物酔い、吐き気、ショック、皮膚(かゆみ)、咽喉感染
怒り、関節炎、疝痛、疲労、食中毒、頭痛、じんましん、炎症、歯痛
過敏性腸炎、肝臓疾患、記憶力、つわり、神経(再生と補助)リューマチ
放射線照射、皮膚の治療と冷却(暑い日のほてり)、結核

ペパーミントのエッセンシャルオイルの使用方法

使い方

◆体の一部分に使う場合はそのままご利用いただけます
反射ツボに塗るか、気になる部分に直接塗りましょう。
※子供や敏感肌の方はキャリアオイルと1:1に薄めて体の一部にお使い下さい
◆空中散布(ディフューズ)
◆栄養補助食品として飲み物や食べ物に入れることもできます(食品として認可されているものに限る)
※6歳未満の子供には使用しないでください。

楽しみ方

○仕事や勉強の時、眠気がきたらペパーミントを1,2滴ティッシュやハンカチに落として香りを嗅げば、頭がすっきりします。
もちろん、ドライブの時の眠気防止にも良いでしょう。
yorokobi01
○乗り物酔いや、気分がすぐれなくなった時に、ゆっくり香りを嗅ぐと、すっとしたさわかな香りが気分を落ち着かせてくれて、吐き気なども和らげてくれます。

○殺菌、消毒、消臭作用があるので足浴をして臭いや感染防止にもお使いいただけます。

○口臭予防にカップに入れた水に1滴たらして飲むと良いでしょう。

○ペパーミントは脳を刺激するので、時差ボケにも有効です。
頭痛や歯痛にも効果があるので海外旅行へ行く時のお供にもいいでしょう。

注意事項

正しく使いましょう

繰り返し使うと接触によって極度のアレルギー反応が起こることがあります。
高血圧の方は慎重にお使いください。
妊娠中の方も慎重に使いましょう。

いいね!
【アロマ】ペパーミントの効果効能と使い方【エッセンシャルオイル】
この記事が『面白かった!』、『為になった!』と感じて頂けたら、 いいねお願いします♪
スポンサーリンク
adsense336*280
adsense336*280

フォローする