【アロマ】ローズの効果効能と使い方【エッセンシャルオイル】

ローズ

ローズ(バラ)はバラ科バラ属の総称である。
バラ属の成形は、灌木、低木、または木本性のつる植物で、葉や茎に棘を持つものが多い。
葉は1回奇数羽状複葉。花は5枚の花びらと多数の雄蘂を持つ。

バラは古代から女性を象徴する『花の中の女王』として珍重されてきました。

スポンサーリンク
adsense336*280

ローズの効果・効能・使い方

バラは花の中の女王

水蒸気留法で抽出されたエッセンシャルオイルをローズオットーと呼び、わかっているだけで300以上の成分を含み、希少価値の高いオイルで有名です。
rose
その華やかで芳醇なハチミツのような甘い香りは心に刺激を与え、不安や緊張を和らげ、幸福感を与えてくれます。

またホルモンバランスを整え、不感症や性欲減退にも作用すると言われています。

【抽出部位・方法】花から水蒸気留
【ノート】ミドル
【香りの特徴】甘く華やかでフローラルな香り
【においの強さ】●●●○○ 3

体への働き・作用

こう出血
抗感染
催淫(性欲を刺激する作用)
鎮静

こんな悩みにもローズのエッセンシャルオイル

喘息、慢性気管支炎、不感症、歯肉炎、単純ヘルペス
インポテンス、性欲減退、皮膚病、捻挫、潰瘍、傷
しわ、消化、月経の諸症状、頭痛。

ローズのエッセンシャルオイルの使用方法

使い方

◆体の一部分に使う場合はそのままご利用いただけます
反射ツボに塗るか、気になる部分に直接塗りましょう。
※子供や敏感肌の方はキャリアオイルと1:1に薄めて体の一部にお使い下さい
◆空中散布(ディフューズ)
◆栄養補助食品として飲み物や食べ物に入れることもできます(食品として認可されているものに限る)
※6歳未満の子供には使用しないでください。

楽しみ方

○オススメはアロマバスで芳香浴です。
 入浴時に浴槽に数滴垂らすだけで優雅なバラのお風呂になります。
 ゆっくり深呼吸をしてリラックスバスタイムをお楽しみ頂けます。
nyuuyoku
○入浴後にいつも使っている乳液やクリームに混ぜて体になじませるのも良いでしょう。

注意事項

正しく使いましょう

妊娠中の方は慎重にお使いください。

いいね!
【アロマ】ローズの効果効能と使い方【エッセンシャルオイル】
この記事が『面白かった!』、『為になった!』と感じて頂けたら、 いいねお願いします♪
スポンサーリンク
adsense336*280
adsense336*280

フォローする