【アロマ】ベチバーの効果効能・使い方【エッセンシャルオイル】

ベチバー

ベチバーは、インド原産のイネ科の多年生草本である。

草は2~3mにもなり、複数がまとまって大きな株を形成するため、ススキに良く似ています。
vetiver
主な原産国はインド、タヒチ、ジャワ、ハイチ

ベチバーの効果・効能・使い方

スモーキーな大地の香り

ベチバーはインドやスリランカでは、安静の油と呼ばれ、神経を鎮静させる効果があり、ストレスや緊張を和らげるのに効果を発揮します。
また純化貴兄や免疫系を刺激し、体全体の活性化を促す作用もあります。

肌にも有効でニキビにも役立ち、万能薬的存在です。

サンダルウッドやフランキンセンスとともに、年を経るごとに香りが良くなります。
【抽出部位・方法】根から水蒸気留
【ノート】ベース
【香りの特徴】重々しい大地とスモーキーな香り
【においの強さ】●●●●● 5

体への働き・作用

防腐
抗痙攣
発赤(部分的に温まって皮膚が赤くなります)
鎮静(神経系)
刺激(心身の働きを活性化する作用・循環器系・赤血球生成)
免疫刺激

こんな悩みにもベチバーのエッセンシャルオイル

ニキビ、食欲不振、関節炎、豊胸、切り傷、鬱(分娩後も含む)
筋肉性リウマチ、スキンケア(オイリー、疲労、老化、炎症)
捻挫、血行不良

気持ち・精神面への働き・作用

心をストレスから解放して、トラウマやショックから回復するのに重宝されています。
よく眠れるようにもなります。
不眠、極度の神経質、ストレス、感情の乱れ

ベチバーのエッセンシャルオイルの使用方法

使い方

◆体の一部分に使う場合はそのまま薄めず使えます。
反射ツボに塗るか、気になる部分に直接塗りましょう。
免疫系を刺激するために、胸腺全体に塗るのも良いです。
◆空気中にディフューズもオススメ
◆栄養補助食品として飲み物や食べ物に入れることもできます(食品として認可されているものに限る)
※6歳未満の子供には使用しないでください。

楽しみ方

○アロマバスを楽しんだり、マッサージオイルにブレンドしても心身をリフレッシュしてくれます。
いずれも量は少量で十分効果を得られます
biyou03

注意事項

正しく使いましょう

妊娠中は、慎重に使用してください

いいね!
【アロマ】ベチバーの効果効能・使い方【エッセンシャルオイル】
この記事が『面白かった!』、『為になった!』と感じて頂けたら、 いいねお願いします♪

フォローする