【アロマ】ウィンターグリーンの効果効能と使い方【エッセンシャルオイル】

ウィンターグリーン

アメリカのインディアンは肺活量を高めるためにウィンターグリーンの歯を噛んでいたそうです。
また、開拓時代には虫歯防止に子供に噛ませたり、独立戦争のときには、紅茶代わりに飲んでいたといいます。
wintergreen
原産国は中国、アメリカ北部、カナダ

ウィンターグリーンの効果・効能・使い方

体がリフレッシュするクールで強烈な香り

香りはクールで、ガムによく使われています。

薬効もあり、気分がすっきりするほか、神経痛やリューマチなどにも使用されています。
【抽出部位・方法】葉から水蒸気留
【ノート】トップ~ミドル
【香りの特徴】突き刺すような強烈な香り
【においの強さ】●●●●● 5

体への働き・作用

鎮痛
消炎
抗リューマチ
防腐
抗痙攣
消毒
利尿
刺激(骨)
身体を温める

こんな悩みにもウィンターグリーンのエッセンシャルオイル

筋肉痛、腱炎、高血圧、炎症、ニキビ、膀胱炎、水腫、湿疹、湿疹
浮腫、熱さまし、胆石、痛風、関節の不快感、腎結石、肥満
骨粗しょう症、皮膚炎、潰瘍、尿路障害

気持ち・精神面への働き・作用

感覚系に作用し、気分がすっきりとします。
心が晴れやかになり、認識力が高まります。
不感症、憂うつ、落ち込み

ウィンターグリーンのエッセンシャルオイルの使用方法

使い方

◆体の一部分に使う場合はそのまま薄めず使えます。
反射ツボに塗るか、気になる部分に直接塗りましょう。
◆空気中にディフューズ

楽しみ方

○身体が疲れて気分が乗らない方はお部屋にディフューズするのがオススメです。
クールで刺激的な香りで気分をリフレッシュします。
yorokobi01

注意事項

正しく使いましょう

妊娠中は使用しないでください。
癲癇の方も使用しないでください。
サルチル酸メチルに対して、強いアレルギー反応が出る人もいます。
必ず肌の一部でパッチテストをしてください。