【安物】知られざる割り箸の危険性とは【中国製】

皆さん、食事をするときに何を使いますか?
ナイフ、フォーク?
いやいや、日本人なら箸を使う事が多いですよね!

外食やコンビニでは割りばしが出されることがほとんどです。

でも何気なく使っている、その割り箸、、、実は危ないかも?

スポンサーリンク
adsense336*280

割りばしの危険性とは

日本の割りばしの9割が輸入品

しかも、そのほとのどが中国産です。

食の安全で揺れる中国・・・なんだか心配です。

そんな中国で作られる割りばしの工程を見てみましょう。

割りばしは薬品まみれ!?

ご存じの通り、割りばしの原料は木です。
しかし、日本で売られている割りばしの殆どはキレイな白色をしています。

なぜか?

割りばしは漂白されています。
キレイな見た目の方が喜ばれるから。

さらに、カビや腐食を防ぐために防カビ剤や、防腐剤も使われます。


薬品漬けの端ですが、キレイに洗い流されていると思ったら大間違い!

大量の薬品が残留されています。

試しに割りばしを水に入れておいてみてください。
(お湯ならさらに効果がでる)
しばらくすると水が黄色くなってきます。
この水にPH試験紙を着けてみると、、、強酸性と表示されます。
これは二酸化硫黄という漂白剤が使われ、残留しているのが原因です。

それらの薬品は発ガン性がある

また漂白剤だけでなく、OPPという防カビ剤も大量に使われています。
このOPPはまるで農薬のような薬品で発ガン性があることで知られています。

もちろん漂白剤だけでなく、この防カビ剤も箸に残留されています。

さらに艶出しの為に多環芳香炭化水素を使ったり、乾燥を早めるために滑石粉(タルク・パウダー)を使う生産者もいるようです。
これらは発ガン性や血液や神経を損傷する可能性をもつ物質となります。

環境破壊も

中国では大量に割りばしを作るために、多くの森林が伐採されています。
その樹木の数は1600万~2500万本と言われています。

国産割り箸の原料となる間伐材は元々、切るように育てられた樹木ですが、中国産は天然の樹木を切ってしまい、明らかな環境破壊につながっています。

マイ箸を使う事の重要性

日本で使われる割りばしは年間260億本と言われています。
それだけ多くの樹木が必要になっているということです。

日本人1人1人が意識を高くもってマイ箸を持つなどの工夫をすれば、ゆくゆくは割りばしの生産を少なくし、環境破壊に歯止めをかけることが出来る事でしょう。

もちろん、マイ箸を持つことで割りばしから出る薬品を身を守る事にも繋がります!
umeboshi1

いいね!
【安物】知られざる割り箸の危険性とは【中国製】
この記事が『面白かった!』、『為になった!』と感じて頂けたら、 いいねお願いします♪
スポンサーリンク
adsense336*280
adsense336*280

フォローする